ログイン・新規会員登録

台湾の夏休み

台湾の夏休み

 台湾の学校は9月始まりで6月に終業式や卒業式があります。

台湾の夏休みは7月1日から8月末まで2か月です。

今年は新型コロナウイルスの影響で、冬休みが2週間延長になりました。

そのため、ほとんどの学校では夏休みが短縮されて7月15日から夏休みになりました。

台湾の子どもたちはどのような夏休みを過ごすのでしょうか。

①ワークショップ・クラブ活動に参加する

台湾は夏休みに学校や政府、民間の学校が開講しています。

②安親班に参加する

安親班とは学童保育と塾の間のようなものです。そこで宿題をしたり、授業が受けられる施設です。英語塾や数学塾などで開設しています。

自宅までバスで送り迎えしてくれます。

③実家に帰省する

これは日本でも同じでお盆とは違いますが、連休になると実家に帰省します。

 

台湾の子どもの夏休みの過ごし方は日本と似ています。みなさんはどんな夏休みを過ごしますか?

夏休みにおすすめ!

コメントを残す