ログイン・新規会員登録

台湾土産の女王?!入手困難な花生酥(ファーセンスー)

台湾土産の女王?!入手困難な花生酥(ファーセンスー)

 

数年前から突如台湾土産の中で上位に食い込んできたピーナッツ菓子「花生酥(ファーセンスー)」

澎湖の名産で、すりつぶしたピーナツやピーナツバターを水あめで固めて作られるクッキー菓子に近いものです。
油が多めで結構喉が渇く部類のおやつですが、素朴な味がなんとも病みつきになる不思議な一品。

当初はあまり台北都市部では取り扱いがなかったのですが、昔ながらのお菓子屋さん(糖果店)には前から計り売りで置いてありました。


新竹の名産で、台北市内でも簡単に手に入る「花生糖」というお菓子もありますが、全くの別物となります。よくパッケージを見ても間違えてしまうときがありますので購入の際はご注意くださいね!

 

 

澎湖に行けば、たくさんの老舗から新しいお店まで種類豊富に販売されています。

必ず買いたいマストアイテムですね!


大体は中が見える透明の袋に入っており、そのレトロなパッケージが魅力の一つでもあります。

中身も完全密封のものから、飴ちゃん型の簡易なものまで様々。


中はどの花生酥もこのようにいびつな形をした茶色いクッキーになります。

油でギトギトしているものも多いですが、それが普通。
ただし高カロリーなのでたくさん一気に食べないように気をつけたいですね。

一口ではなく、まずは噛んで半分ほど口に入れるのがおすすめ。
口の中の水分を持って行かれますが、噛むほどにピーナッツの濃厚な風味が味わえとっても美味しい!!
お茶やお水を飲んでからまた残りを食べると、2度目は最初の一口よりは楽に食べられます。


お茶菓子にはぴったりのお菓子。
サクサクしっとりの濃厚ピーナッツ味がやみつきになり、気づけば食べる手が止まらなくなっているかも!!!


以前は澎湖に行くか、昔ながらのお菓子屋さんに行かなければ手に入らなかったのですが、数年前から迪化街のお店が取り寄せて販売されていることがあるので、台北旅行でも多くの日本人の方がおみやげに購入されていますよね。


台湾のお茶と一緒にお茶菓子としてお渡しするのも良いですし、パイナップルケーキが好きな方へ、同じ分類(喉が渇く系)の新作としてお渡しするのも良いかと思います!

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

あなたにおすすめの記事

コメントを残す