ログイン・新規会員登録

これでもう怖くない!自分に合った麵線(ミェンシェン)の見つけ方

これでもう怖くない!自分に合った麵線(ミェンシェン)の見つけ方

麵線(ミェンシェン)は、だしの効いたトロトロスープにモツや牡蠣などのトッピングを入れて楽しむ煮込み素麺で、すっかり、観光客にも人気な台湾グルメになりましたよね。

屋台で販売されていることが多く、お値段もそう高くないのに腹持ちが良いので地元民からも愛されている一品です。

有名店では、大腸+パクチーといった組み合わせだったり、モツ+牡蠣という贅沢トッピングが人気!

味付けは、だしスープに塩、オイスターソース、米酒、香油、白胡椒、黒酢、片栗粉といった日本人にも食べやすい内容で、こちらににんにく、かつお節、辛み調味料などを足して好みに仕上げます。

しかし、大腸や牡蠣などが苦手でチャレンジできない、、という方も多いのではないでしょうか。

麵線のお店自体はたくさん存在します。その中には、いか団子入りであったり、肉つみれ入りであったり、魚のつみれ入りであったりと多くの種類があるので、自分の好みに合ったトッピングが可能な店舗を探すことが一番だと思います。

ちなみに筆者も大腸や牡蠣が得意ではないため、いつもいか団子いりの花枝麵線(ホァズーミェンシェン)をランチに食べることが多いです!

辛み調味料として台湾キムチをトッピングできるのも気に入っています。

さらに、裏技として、トッピングなしの清麵線(チンミェンシェン)を頼むことができる店舗も多いのはご存知でしょうか。

※対応不可のお店もあるかもしれません。ご了承ください。

あまりお腹が空いてない、、

もっと安く食べたい、、

好みのトッピングがない、、

など、さまざまな理由で麺だけが食べたいときは、メニュー表になくても一度店員さんに清麵線が可能か確認することをおすすめします。

トッピングなしのため、値段も5〜20元ほど安くなるはず!

これなら、口に合うか不安という悩みが解消されますよね。

旅行中に体調を崩すのはとても悲しいですし、自分に合ったオーダーで、美味しく台湾料理を楽しめたらいいですね。

あなたにおすすめの記事

コメントを残す