ログイン・新規会員登録

〇〇を買うのに行列数時間?SNSは緑の皮を頭に被った写真一色に?台湾中秋節の不思議②

〇〇を買うのに行列数時間?SNSは緑の皮を頭に被った写真一色に?台湾中秋節の不思議②

 

昨日は、台湾の中秋節バーベキューについてお伝えしました。

実は、他にも中秋節を楽しむイベントがいくつかあるのです…

 

まず、日本では十五夜といえばお団子。
月見団子をいただきますよね。
台湾では、その位置付けとして「月餅」があります。

台湾式の月餅は蛋黃酥(ダンホァンスー)というタイプが多く、白めのパイ生地にあんこや芋などの餡、その中にしょっぱい黄身が入っています。

中国式の茶色い見た目のツヤツヤした月餅もありますが、比率でいえば台湾式の月餅を食べる機会の方が多いと感じます。

 

 

パイナップルケーキなどでお馴染みの台湾式のお菓子屋さんは、恐ろしいほどに長蛇の列が。
数時間列ばなければいけないので、親族や知人、仕事の関係者などに月餅を贈る文化は苦労を伴い大変ですね。

 


他には、文旦という緑の皮の大きなフルーツがあり、この季節スーパーや市場は文旦でいっぱいに!!
中秋節といえば文旦!

幼稚園でもいただいて帰るほどです。


しかも、みかんの皮を剥くように花のような形で剥けば、帽子サイズのため頭に被るとあらちょうど!

この時期のSNSでは、文旦の皮を被った写真でいっぱいになります。
特に子どもたちは必ずですね。

また、文旦の皮に落書きをしたり、絵を彫ったりと芸術作品になったりもします。

 

他にも、中秋節の季節に各自治体のイベント行事が行われたりします。
(こちらはまたいつか記事にしたいと思います)

 

バーベキューをして、文旦でひと遊びし食べて皮を被り、月餅を贈ったり食べたり。

みんなでワイワイと季節を感じられる素敵なイベントですね。


今年は9/10土曜日となっているので、一人一人がコロナ禍の特例をしっかりと守りながら、楽しく安全に過ごせることを願います。

 

 

 

 

 

あなたにおすすめの記事

コメントを残す